初心者にも可能!?ネットワーク監視のアルバイト

ネットワーク監視は誰にでもできる仕事

ネットワーク監視と言っても、それほど難しいことをする必要はありません。システムがエラーメッセージを吐いたら、マニュアルに従ってエラー修復に当たります。基本的かつよく起こり得るエラーは、復旧させることも非常に簡単なケースが多いです。ですから、まったくの初心者にも十分に務まる仕事だと言えます。未経験者歓迎のアルバイト求人が多く出されていることが、その証拠でしょう。もちろん、初心者と言ってもある程度はパソコンが使えなければいけないのは当然のことです。

マニュアルのみで対応できないエラーの場合は

多くのエラーは、マニュアルを読めば自分一人でも解決可能です。ただ、時にはマニュアルを読んでも直せないものが出てきます。その場合には、知識のある技術者に状況を報告して直してもらうことになります。この作業のことを、「エスカレーション」と呼んでいます。ただ、こうしたことをする機会は、実はそう多くはありません。ですから、そう心配をする必要はないでしょう。一日働いても、何のエラーも起こらずに仕事が終わることのほうが多いです。

なぜネットワーク監視をする必要があるのか

重要なネットワークは、常に動かし続けておかなければなりません。24時間体制で交代をしつつ、エラーを吐いて動作がストップしないか確認をし続ける必要があるわけです。末端の監視員をするだけなら、何の技術力も必要がないのはこのためです。頻繁に重要なエラーを吐くなら、専門家を配備し続けておく必要がありますが、そうしたエラーが起こる頻度は稀です。ですから、別の場所に少数の技術者を配備して、末端の監視員にはアルバイトを雇うというのが一般的になっているのです。

ネットワーク監視とは、インターネット回線などのトラフィック状況や外部からのアクセスをセキュリティー面から監視することです。