ウェブ制作に欠かせない分かりやすくするポイント

レスポンシブデザインは当たり前に変化しました

スマートフォンが一気に広まったことで、WEBサイトを見る人の数も物凄い勢いで急増しています。今までは携帯に照準を合わせてシンプルなページを設けることも多かったのですが、近頃ではパーソナルコンピューターとスマートフォンのいずれも円滑に閲覧できるレスポンシブデザインが多いです。htmlは同様にして、CSSを介してパーソナルコンピューターとスマートフォンにおいてレイアウトを入替えるやり方で、どういう環境であってもユーザビリティの高いデザインにできます。

カラーも見易さに関係してきます

重要だと考えられるのは、WEBサイトのカラーといえます。サイトの背景は白と想定して、文字は薄い黒が良いと思われます。WEBサイトを製作し始めると凝ったデザインのレベルを期待するものですが、読み取りづらくなっては意味がないです。新聞、そして冊子というペーパーのメディアは多くが白に対して黒文字で築かれています。したがって、WEBにおけるデザインもそれに似ているものとすることが好まれています。その方が理解しやすくなると考えられます。あまりオリジナルな色遣いにすると見づらくなりますので注意しましょう。

文章の大きさと行間に関しても調整が必要です

レイアウト加えてカラーにとどまらず、文言のサイズと行間におきましても解りやすいWEBサイトを立ち上げるための重要な一部分となります。WEBサイトについても書籍と似たイメージにすることで分かりやすくなります。文言はデザイン性を損なわないレベルにサイズを広げたほうが良いと思われます。CSSを介してフォントのサイズを定める場合、解像度によってサイズに変化が起こるpxということではなく、ptを介した方が望ましいです。併せて、行間の設定も欠かせません。

web制作をする上で最も大切なことは目的を把握することです。目的に合わせてwebの構成は大きく変わるからです。web作成ソフトやサービス等を活用すればすぐにwebを作ることができます。