知っておきたい!インターネット上の誹謗中傷の基礎知識

中傷は他人事ではありません

タレントなどがSNSを活用して炎上していることが見受けられますが他人ごとと考えている人は多いといえます。そうとは言いきれません。誰もが一度SNSの活用方法を取り違えると誹謗中傷のターゲットとなることが想定されます。自分自身は問題ないだろうと考えていることこそトラップになります。可能な限りダメージを受けるようなインターネットの活用法をしないように気を付ける必要があります。インターネットの世界は匿名ということで安心しているといずれ予想外の形でダメージを受けることもあります。ネットマナーを順守してセーフティーにSNSなどを活用しましょう。

プライバシーの情報は出さないことが重要です

容易に匿名で打ち解ける事が可能などSNSは素晴らしい面もありますがその分だけ見知らぬ人間に短絡的にプライバシーの情報をばらまく危険性もあります。インターネットを通しての友人は顔の表情が見えない相手方ですから嘘もつけます。ひとつの例として、家の近くで食事をして発信している内に暮らしているところが特定されたり勤め先を特定されたりします。そして、そのプライバシーの情報を簡単にさまざまな人に広められてしまう可能性があります。プライバシーの情報など送信しないように気を付ける必要があります。

法的処置がされるケースもある誹謗中傷

逆に中傷をされている人の情報を拡散したり、あるいは悪意を持ち中傷してしまった場合最悪の場合法的処分される事があります。とりわけ殺意をもち合わせたメッセージは短絡的に残さないよう努めることが大切です。悪意をぶつけてしまうと加害者になります。匿名だから見つからないと考えて気楽な言葉を残さないことを意識しましょう。保存機能がスマートホンにもありますから消去しても他の人が保存して残っていれば拡散されることもあります。インターネットの誹謗中傷も不法行為になりうる事をしっかりと覚えておくことが大切です。

逆SEOは誹謗中傷などが検索にヒットした場合に、それを下げることが目的です。不利益となる情報は残してはおけないのが理由です。